« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

女性なら、誰しもダイエットに関心があると思います。その種類は実に豊富で、リンゴやキャベツ、或いはグレープフルーツなど、ひとつの食品のみを摂る単品ダイエット。寒天やこんにゃく、低カロリークッキーなどを主食代わりにする置き換えダイエット。炭水化物や油分を除去するダイエット。食べ物を一切口にしない断食まで、ありとあらゆるダイエットがあります。しかし、そのどれもがなかなか続かないのが事実です。 続けるのが困難なもっとも大きな理由は、栄養の偏った食事や、極端に制限された食事では、精神的にも肉体的にも限度があるからです。無理に続けても集中力や活力がなくなり、やがて貧血などの症状が現れ、続けたくても続けられなくなってしまうんですね。続けることで健康を損なうようなダイエットは、絶対にお薦めできません。 おいしくバランス良い食事は、健康的に痩せるためには不可欠です。なぜなら、おいしく食事が出来ることこそが健康の証だからです。この基本に戻ってダイエットを考えたとき、健康を害するような方法で一時的に痩せたとしても、そのダイエットは正しいとは言えないのです。 

きっちり食べるにも、注意は必要です。まず、1日3食摂ることははずせません。特にその日一日の大切な活力源である朝食はしっかり食べましょう。その分、夕食は軽めの方がいいかも知れません。なぜなら、夕食のあとは寝てしまうので、摂取したカロリーのほとんどが使われずに、そのまま身についてしまうからです。 また、夕食では主食を控えめにすることが大事です。ついつい、ご飯が進みすぎてしまうという人は、おかずの味付けを薄めにするのも手です。塩分を控えたり、だしの旨みを強調したり、辛味で刺激を加えたりするなど、色々と工夫してみましょう。そのためにも、食事は手作りを心がけましょう。 そして、ダイエットを長続きさせるためには、食事の満足感が何より大切ですね。量が少ないと思ったら、低カロリーな食材を使って全体の量をふやすのも賢い方法です。 ダイエット中も肉や魚はしっかり食べなくてはいけません。なぜなら、これらは大切なタンパク源になるからです。肉の油分やカロリーは、脂肪の少ない赤身を選んだり、茹でこぼして油分を落とすなどの工夫で調整しましょう。また、魚は低カロリーで栄養が豊富です。カロリーの低い白身魚もいいですが、DHAEPAなどが豊富な青背の魚もぜひ積極的に摂りましょう。そして、卵や乳製品も忘れずに毎日摂りましょう。骨を作るのに必要なカルシウムが豊富だからです。 

何といっても食事は満足感が大切です。ダイエット中だからと言って、急に食事量を減らしたりせず、野菜や低カロリー食品をたっぷり使ってボリュームを出したり、いつもの食材でスープやデザートを作るなどして、変化に富んだ料理で、心もお腹も満足できることが長続きするコツです。おつき合いで断れない飲み会などがあると悩んでしまいますが、次の日に食事を控えたり、いつもよりちょっと運動量を増やすなどの工夫をすれば、飲み会だってこれまでどおり楽しめますね。 毎日体重計に乗り体重を記録してみましょう。すると食べ過ぎた時に自然と気をつけて調整するようになります。また、友達や家族に「ダイエット中だぞ!」と宣言すると張り合いが出て、ダイエットに成功しやすいでしょう。忙しくてなかなかスポーツをできない人でも、通勤・通学の電車で立っている、エスカレーターを使わず階段を使うなど、日々の生活で気をつけて歩いたり動いたりしましょう。

ターボジャムができるといいけど。 無理なダイエットで急激に痩せると、怖いのはリバウンドです。おまけにお肌もカサつき、最後には生理も止まったりする危険があります。そんな危険を冒すようなダイエットが正しいはずがありませんね。必要な栄養をきちんと摂り、筋肉や骨を減らさずに余分な脂肪だけを落とす、正しいダイエットを心がけましょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学受験と経済効果

受験生にとって、志望校を決めるためにポイントとなることは何でしょうか?いろんな意見があると思いますが、基準はどこにありますか? 

偏差値にポイントを置く、と言う声が一番多いのではないでしょうか?大手の進学塾で毎年出している、各中学の偏差値ランキング、それが受験生の志望校選びの基準となっています。 

少子化の影響により定員割れを起こす私立中学もある一方で、偏差値ランクが非常に高い難関中学は年々、人気が集中しているようです。今後も、難関中学や中堅中学を除けば、中学受験は買い手市場が続くでしょう。 

中学側は、今まで以上に、教育内容を充実させる努力が必要ですし、受験生はたくさんある中学の中から、自分の学力に合い、また目的に合った中学を見極める力が必要です。 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »